<休眠預金事業( 新型コロナウイルス対応支援助成)>

コロナ禍での気候変動を起因
とする災害対応支援事業

~佐賀県の令和3年8月豪雨被害への緊急復旧支援及び復興整備事業~

sdgs
休眠預金事業(草の根)
新型コロナ緊急支援(高齢福祉・多文化共生)
新型コロナ緊急支援(九州災害)
新着情報
事業概要
公募概要
評価
審査概要
採択団体
制度概要
申請団体
休眠預金事業シンボルマーク

公益財団法人佐賀未来創造基金(以下「さがつく」という)は、このたび休眠預金等活用事業(※)において、指定活用団体である一般財団法人日本民間公益活動連携機構(以下「JANPIA」という。)の公募により、新型コロナウイルス対応緊急支援助成において、2021年12月28日に「資金分配団体」として選定されました。

公募要項を以下掲載いたします。

※本事業は「公益財団法人佐賀未来創造基金」を主幹事として、「佐賀災害支援プラットフォーム」とのコンソーシアム(共同事業体)で実施しています。

新着情報

事業概要

佐賀県「令和3 年8 月豪雨」での自然災害の被災者支援、特に2 年前から同じ地区で連続して被災している被災者支援に関して、コロナ禍による支援人員不足とそれによる支援の遅延、体制構築不足の課題に関して、県内の支援団体等を複数の分野から支援することにより、今後も発生する可能性のある災害までの支援の実施と、体制整備支援を目指します。

詳しい助成事業の内容については、下記公募要項をご参照ください。

公募概要

助成総額

2.5億円

助成期間

2022年3月~2022年2月(予定)

伴走支援

月1回程度の面談による支援

事業のロジックモデル策定・成果目標策定支援

事前評価、事後評価についての支援

月1回の実施状況の確認と事業実施に関する助言等

事業の実施状況、取り組み事例の共有に資する情報公開

その他

※第一回目(2022年3月)の採択スケジュールについては、次のセクションをご参照ください。

公募開始

2022年1月25日(火)以降随時受付(最長2022年9月30 日まで)

公募締切

随時

公募審査

毎月1回程度予定(初回は2月中旬)

採択決定

毎月月末予定(初回は2月月末)

申請締め切り

2022年2月3週目

オンラインプレゼン

2022年3月1週目

書類審査

2022年3月2週目

オンライン選考会-採択

2022年3月3週目

事業開始

2022年4月1日事業開始

※ オンラインプレゼンでは、申請者より15分程度オンライン上で申請事業のプレゼンをしてもらい、その後審査員より質問などを受け付ける形となります。

 

申請締め切り

2022年3月3週目

オンラインプレゼン

2022年4月1週目

書類審査

2022年4月2週目

オンライン選考会-採択

2022年4月3週目

事業開始

2022年5月1日事業開始

第一回の審査結果によって、助成金の公募の総額が変わってきますので、申請をご検討されている方は必ず事務局にお問い合わせください。

※ オンラインプレゼンでは、申請者より15分程度オンライン上で申請事業のプレゼンをしてもらい、その後審査員より質問などを受け付ける形となります。

申請書送付先:

info@saga-mirai.jp
※ご提出は上記メール宛に送付ください。

本事業に関するお問い合わせ:

公益財団法人佐賀未来創造基金(担当:山田・杉本)
TEL:0952-26-2228(月~金 9時~18時)

休 眠 預 金 制 度 に つ い て

当財団の規定類はコチラ