新 着 情 報

事 業 概 要

公益財団法人佐賀未来創造基金(以下「さがつく」という。)では、休眠預金等活用事業(※)において、指定活用団体である一般財団法人日本民間公益活動連携機構の公募により、草の根活動支援事業地域ブロックにおいて、2019年11月25日、資金分配団体として指定されました。

つきましては、佐賀県内において昨今加速度的に進んでいる都市部への人口流出に起因した緊急かつ重要課題

  • ①地域の担い手不足による子ども・若者の社会的孤立

    子ども及び若者の社会的孤立を防ぐための仕組みの開発。それにより、社会的孤立に関して困難を抱える子ども及び若者と家族が支援の存在を知ることができる。

  • ②地域コミュニティにおける空家等の遊休資産の増加

    空家等地域の遊休資産へのアプローチと、住み続けられる街の仕組みの開発。それにより、近隣住民を始め不動産や士業関係者等に空家等に係る問題に対する認知度が高まる。

  • ③過疎化地域における災害救援・防災

    過疎化地域における防災を含む災害対応ができる仕組みの開発。それにより、被災して困難を抱える地域住民や支援ボランティア等が支援の存在を知ることができる。

  • ④その他の本事業に必要だと認められる事業

    上記①~③以外の「人口が減少しても安心して住み続けることができる社会包摂型の地域・社会」の仕組みの開発。

について、多様な主体と連携して解決に向け取り組む民間公益活動団体の公募を実施します。

※休眠預金等活用事業…10年以上入出金等が確認できない休眠預金等を原資として、民間公益活動を行う団体に助成等を行うことで、社会課題の解決を推進するもの。

公 募 に つ い て

実行団体公募要領は、こちらよりダウンロードしてください。

実行団体公募要領

公募申請に際しましては、下記より様式をダウンロードしてご利用ください。

申請様式

評 価 に つ い て

評価についての説明は、社会的インパクト評価サポートブックをご参照ください。

社会的インパクト評価サポートブック

◆説明会の開催 (公募説明会を県内 4 か所で実施しています。 )

・2019 年 12 月 8 日(日)16 時~17 時半/鳥栖市:とす市民活動センター「クローバー」
・2019 年 12 月 20 日(金)19 時半~21 時/佐賀市:佐賀商工ビル 7 階「大会議室」
・2020 年 1 月 14 日(火)18 時~20 時半/武雄市:おもやいボランティアセンター (旧北方幼稚園)
・2020 年 1 月 15 日(水)19 時~20 時半/唐津市:唐津市民交流プラザ「会議室」