令和元年8月の九州北部豪雨により被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

冬を超えて春を迎えるにあたり、各地域での復旧・復興活動はまだまだ続いており、ニーズ調査結果なども含めて新たなニーズも今だからこそ改めてでてきている状況です。

引き続き、皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

SPFのWEBサイト
https://peraichi.com/landing_pages/view/spf20180901

公益財団法人佐賀未来創造基金では、この度の佐賀県内で発生した「新型コロナウイルス感染症」に対する拡大防止・予防などに関わる支援活動を対象に「佐賀災害基⾦」助成プログラム申請(緊急助成)の公募を開始します。

佐賀災害支援プラットフォーム(通称:SPF)や行政等の関係機関と連携して状況変化していくニーズをとらえ、随時、CSO等への助成を通じて支援を行います。

※SPFとは…佐賀災害支援プラットフォーム(Saga Disaster Assistance Platform)は、被災地支援のためにアクションを起こしたい佐賀県民または佐賀県に所縁のある市民が、それぞれに活動をし、その情報交換や協力をするために集った「想いのプラットフォーム」です。

※CSOとは:Civil Society Organizations(市民社会組織)の略で、NPO法人、市民活動・ボランティア団体に限らず、自治会、婦人会、老人会、PTAといった組織・団体も含めて「CSO」と呼称しています。

【「佐賀災害基金」助成募集要項】

1.「佐賀災害基金」助成について
佐賀未来創造基金は、SPF(※)の一員として、このたびの令和元年8月九州北部豪雨の被災地支援を契機に8月30日付で「佐賀災害基金」を立ち上げました。
この基金は、佐賀県内で発生した「令和元年8月九州北部豪雨」に対する救援・復興活動に加えて、今回は特別枠として「新型コロナウイルス感染症拡大防止・予防」を行う佐賀県内CSO等の活動を助成プログラムで支援します。

2.助成スケジュールについて

・申請受付期間:随時受付

・選考期間:助成総額に達するまで

・採択通知:申請受付確認後2-3週間をめどに採択可否を通知

・助成事業実施期間:採択決定より1年間以内


3.対象となる団体について
3-1.非営利で公益的・社会的な活動を行っている佐賀県内に事務所を置く団体
(法人格の有無は問いません)。
3-2.以下のいずれにも該当しない団体
・個人的な活動や趣味的なサークルなどの団体
・政治活動や宗教活動を主たる目的とする団体
・反社会的勢力と関係のある団体

4.対象となる事業について
新型コロナウイルス感染症拡大防止・予防に関する活動

5.助成金額(総額)と助成事業申請方法について
5-1.原則上限10万円/団体程度(助成総額100万円 ※令和2年3月5日現在の予定)
5-2.助成総額に達するまで随時受付(※複数回の申請可:ご相談ください)
5-3.佐賀災害基金」インターネット申請受付

※本助成事業は今後の状況によって変更になる可能性があります。

ご不明な点は、佐賀未来創造基金までご連絡ください。

【お問合せ先】
公益財団法人佐賀未来創造基金
事務局 山田・山本
TEL:0952-26-2228
Mail:info@saga-mirai.jp