きょうぎん未来基金

本助成金の受付は終了しました。

株式会社佐賀共栄銀行(所在地:佐賀県佐賀市、頭取:山本孝之、以下 共銀という)が当財団への寄付を通じて「きょうぎん未来基金」(以下 当基金という)を創設するにあたり、下記の通り、助成先を募集いたします。

当基金は、当財団が実施する「冠基金事業(当財団に寄付することで、寄付者オリジナルの助成及び褒賞プログラムをつくる制度)」における初の冠基金であり、共銀が平成25年6月3日から8月30日の期間に販売した「がばいよか定期預金~地域貢献型Ⅲ~」に預け入れられた総額に一定割合を乗じた金額をご寄付いただくものです。

今回の助成では、県内の社会福祉・医療分野で活動を行う団体を対象として総額100万円の助成を予定しており、皆さまの積極的なご応募をお待ちしております。詳細は応募要項をご確認ください。

■対象となる団体
下記の<1>~<3>のすべてを満たしている団体を対象とする。
<1>募集地域
・佐賀県に拠点を置く団体
・佐賀県にて活動を行う団体
<2>助成対象者
特定非営利活動法人・社会福祉法人、福祉・医療分野の活動を行う団体(法人格の有無は問わない。)
<3>第三者機関による認証
助成対象者のうち、日本財団が提供する公益事業コミュニティサイト「CANPAN」に団体登録し、情報開示レベル★3つ以上獲得しており、かつ、佐賀県市民活動団体認証推進協会の認証を受けた団体、または申請期間中に登録完了ができる団体。

■対象となる事業
・障がい者福祉、介護・高齢者福祉、生活保護等の社会福祉、児童福祉に関する事業
・医療・保健に関する事業
※原則として2015年3月末までに完了する事業を対象とする。

■対象とならない事業
・営利を主たる目的とする活動
・個人的な活動や趣味的なサークル活動
・政治活動や宗教活動を主たる目的とする活動
・反社会的勢力と関係のある活動

■申請額(助成限度額)
1団体50万円を上限とする。(総額100万円を予定)

■助成対象となる経費
本助成事業に関する、人件費・物件費など
<助成対象経費の例>
・人件費
・講師謝金、講師旅費、スタッフ旅費(スタッフ旅費は必要に応じて算定)
※団体の構成員が講師を務める場合は、その人が適任者である旨の説明が必要です。
(説明内容:資格や講師としての実績と、なぜ、この口座にその方が必要なのかを書いたものを、
お一人ずつご記入願います。ただし、その方が既に有償で雇用されている場合は助成対象外です。)
・消耗品費、備品購入費、原材料費、燃料費、光熱水費、通信運搬費、広告費、印刷製本費、
手数料、保険料、会場などの使用料及び賃借料、その他必要経費

■助成対象とならない経費
・団体の運営に係る経常的な経費、飲食費、土地・建物の取得および補償費
・イベント等の一般参加者の旅費

■申請について
<1>申請期間
2013年10月28日(月)~11月15日(金) 17時必着
<2>申請方法
所定の「助成申請用紙」にご記入の上、佐賀未来創造基金までご郵送いただくか、ご持参ください。
※記載事項を補足する資料(活動内容紹介パンフレット、ニュースレター等)がある場合は、
同封の上、ご郵送ください。
<3>提出先
公益財団法人 佐賀未来創造基金
〒840-0813 佐賀県佐賀市唐人2-5-12 TOJIN茶屋3F

募集要項⇒応募要項.pdf
申請書 ⇒助成申請用紙.doc