集まった寄付金額
3,376,000
寄付件数
181
目標金額 5,000,000
受付期間 2020年12月1日~2022年3月31日
現在の達成率:67.5%

佐賀の”人のよか”高齢者をニセ電話詐欺被害から守る

佐賀県では、依然としてニセ電話詐欺被害が高水準で推移しており、その多くは、”人のよか(人がいい)”佐賀の高齢者が、犯人の言葉を信じてだまされてしまい、大事な老後の生活資金などをだまし取られています。
また、だまされた高齢者は経済的ダメージだけではなく、被害にあったショックと恥ずかしさも重なり家族にさえも言えない深刻な状況に陥ることもあり、被害が顕在化しないことでより深刻な問題となっています。
そこで、佐賀県と佐賀未来創造基金が協働し、寄付者の意思を反映できるガバメントクラウドファンディングにより支援募集を行い、公募によるニセ電話詐欺撲滅・被害防止のための事業や、ニセ電話詐欺防止テーマソングの作成、広報などの事業を展開し、「佐賀の”人のよか”高齢者をニセ電話詐欺被害から守る」という気運を醸成して全国へ広げたいと考えています。

ふるさと納税 ガバメントクラウドファンディングを活用しています。

このプロジェクトは、ふるさと納税を活用したクラウドファンディング(通称:GCF)のプロジェクトとして立ち上げ、2020年12月1日~2021年3月31日に3,376,000円(181人)のご寄付をいただき、その資金源を元に取り組んでいます。

GCFプロジェクトページへ
金融機関に勤務する私もじいちゃんばあちゃんを詐欺から守りたいです!
2020年12月9日 22:53,  
がんばれ!佐賀県サギのないサガ!
2020年12月3日 9:04,  
先進的な取組みに大いに期待します。
2020年12月7日 16:53,  
高齢者の被害が一人でも少なくなるよう祈っています
2020年12月20日 12:47,  
ニセ電話詐欺が一件でもなくなるように願っています。
2020年12月8日 15:20,  
ニセ電話詐欺被害ゼロを目指して頑張って下さい!!
2020年12月4日 20:54,  
少しでもお役に立てれば嬉しいです^_^
2020年12月17日 6:42,  
応援しています。
2020年12月25日 15:15,  
悪い奴らから守ってください。
2020年12月5日 0:00,  
そだったまちが、よかとこで、ありつずけ!
2020年12月12日 14:32,  
地域の皆の力で、ふるさとのじいちゃん、ばあちゃんを守りたいですね!自分にできることをがんばります!
2020年12月1日 19:04,  
ニセ電話詐欺は鳥栖市内での発生が特に多いので、発生状況に応じた寄付金活用を期待します。
2020年12月28日 18:36,  
皆んなで人のよかじいちゃんばあちゃんを守りましょう
プロジェクト頑張ってください
2020年12月1日 13:29,  
高齢者を守る取り組みを応援します!
2020年12月1日 14:46,  
佐賀県警、詐欺の未然防止に頑張ってください!
2020年12月18日 16:41,  
じいちゃんばあちゃんが騙されんごと願いを込めて♡
2020年12月8日 18:55,  
がんばってください!
2020年12月4日 23:44,  
佐賀のおじいちゃんおばあちゃんの為によろしくお願いします。
2020年12月25日 14:00,  
カノエさんのSNSでこの情報を知りました。
特殊詐欺撲滅、よろしくお願いします。
2020年12月18日 18:31,  

シンガーソングライター カノエラナさん

MESSAGE| 地元佐賀県へ応援メッセージ

不審に思ったらすぐに周りの人に相談してみるのが大事だと思います。
みんなでニセ電話詐欺の被害を防いでいきましょう! カノエ
――
佐賀県出身シンガーソングライター。2015年Twitterに30秒弾き語り動画を初公開。約2年間で90曲以上を公開して大反響を呼び、ネット上で「30秒弾き語り動画の女王」と称される。無類のアニメ好きでストック曲の中にはアニメをモチーフにした楽曲もある。NHK Eテレ人気子供番組「みいつけた!」のEDテーマ「カゲのオバケ」を書下ろし&コッシ―と歌唱を担当し話題に。その他、アニソンシンガー「たぴみる」、「藍井エイル」、「ニノミヤユイ」に楽曲提供するなど活動の幅を広げている。2020年TikTokで投稿した動画「おーい兄ちゃん」が大反響を呼び、投稿後わずか1か月でフォロワー数が2万人から13万人へ急増。今、同世代を中心に支持を集める注目の女性アーティスト。

にゃんこパトロール
作詞:カノエラナ/作曲:カノエラナ
僕らは日向が大好きな
にゃにゃ丁目のノラ猫ですが
のんびり歩いているようで
実は平和を守ってます
優しさ溢れる温もりに
恩返しが出来たらにゃあ…
出来たらにゃあ…!
にゃんにゃんこ にゃんこパトロール(ニャニャッ)
にゃんにゃんこ にゃんこパトロール
僕らは毎日 じぃちゃんばぁちゃん 見守っている
にゃんにゃんこ にゃんこパトロール (ニャニャッ)
ランランと近所偵察
電話が鳴ったら この歌を 思い出してね (ニャニャニャッ)
だまされないで (ニャニャニャッ) サギ電話
あ〜あなたのおそばに! にゃんこパトロール
にゃあにゃあ ちびっこ聞いてくれ
歌って聴かせてやってくれ
僕らがお手本になるから わるものやっつけてやろうぜ
マグロと煮干しのお礼だにゃ
協力して守るんだ 守るんだ!
にゃんにゃんこ にゃんこパトロール (ニャニャッ)
にゃんにゃんこ にゃんこパトロール
「もしもし」の先に “もしかして” 悪が潜んでいる!?
にゃんにゃんこ にゃんこパトロール (ニャニャッ)
だんだんと輪が広がる
不安があったら 絶対ちゃんと 相談してね
(ニャニャニャッ) お隣さんも
(ニャニャニャッ) 気を付けて
あ〜あなたのおそばに! にゃんこパトロール
(ニャニャニャッ) 明日もきっと
(ニャニャニャッ) いい天気
ぽかぽかを吸い込んだら 出動だ!
にゃんにゃんこ にゃんこパトロール (ニャニャッ)
にゃんにゃんこ にゃんこパトロール
僕らは毎日 じぃちゃんばぁちゃん 見守っている
(ニャニャニャッ) だまされないで
(ニャニャニャッ) サギ電話
あ〜あなたのおそばに! にゃんこパトロール
いつでもおそばに! にゃんこパトロール

佐賀の”人のよか”高齢者をニセ電話詐欺被害から守る

ニセ電話詐欺から高齢者を守る事業を公募!

県内の高齢者は、誰もがニセ電話詐欺の被害にあう可能性があります。
県民全体でニセ電話詐欺撲滅の旗印を立て、「みんなで高齢者をニセ電話詐欺から守ろう!!」という気運を高める必要があります。
本プロジェクトでは、公募により、ニセ電話詐欺撲滅・被害防止のための新たな事業を募り、一人でも多くの高齢者をニセ電話詐欺から守りたいと考えています。
また、ニセ電話詐欺被害防止のテーマソングを作成し、県内の幼稚園児や小学生に歌ってもらい、子供から家族へ、更にはSNSで配信して高齢者をニセ電話詐欺から守るという気運を全国へと広げていきたいと考えています。

ニセ電話詐欺のない安全安心な佐賀県の実現

ニセ電話詐欺被害を0(ゼロ)にしたい!

あるニセ電話詐欺被害に遭ったおばあちゃんは、「老後の資金をだまし取られたことが、家族にばれたら、なんと言われるか分からない。恐ろしいし恥ずかしくて誰にも相談できない」と言います。
元気で明るかった人でも、一度ニセ電話詐欺被害に遭えば、精神的、経済的に大きなダメージを受けてしまいます。それがニセ電話詐欺なのです。
ニセ電話詐欺撲滅の実現に向けて、警察、県、NPO法人がそれぞれの力を持ち寄り、解決する仕組みにチャレンジする「佐賀の”人のよか”じいちゃんばあちゃんを守ろうプロジェクト」です。
詐欺犯が背を向ける、ニセ電話詐欺のない安全安心な佐賀県を実現したい!と同じ志をもったプロジェクトオーナーが、共通の課題に取り組み、高齢者の笑顔あふれる佐賀県の実現を目指します。
残念ながら、昨年は20人の”人のよか”高齢者の方々がニセ電話詐欺の被害に遭われました。私たちは、この高齢者のニセ電話詐欺被害を0(ゼロ)にしたいと考えています。

佐賀県のニセ電話詐欺の現状

佐賀県の刑法犯認知件数は、ピーク時の平成15年から右肩下がりで減少し、昨年中はピーク時の約4分の1の3,400件でした。

しかし、ニセ電話詐欺被害は、平成24年から6年連続で1億円以上の被害が出るなど高水準で推移し、平成30年には約3,500万円まで減少しましたが、昨年は再び上昇に転じ、38件、約1億円の被害状況でした。

犯罪被害の年代別の割合は、

・全刑法犯の約15%が高齢者
であり、ニセ電話詐欺だけに注目すると、
・被害件数の50%以上が高齢者
・被害額の8割(約8,000万円)以上が高齢者
で、高齢者の割合が突出しており、多くの高齢者が詐欺の被害に遭っています。

写真
また、1件あたりの被害額を見ると、窃盗が5万円なのに対して高齢者のニセ電話詐欺の1件当たりの被害額が415万円であり、高齢者には一度のニセ電話詐欺で経済的、精神的に大きな負担がかかってしまいます。

ニセ電話詐欺の高齢被害者の特徴として、
・家族想いの気持ちを利用される。
・人のよさに付け込まれる。
・「逮捕」、「訴訟」、「裁判」の言葉で恐怖をあおられる。
・多くの登場人物や専門用語で頭を混乱させられる。
などが挙げられます。
写真
・高齢者は、一旦詐欺犯から電話を受けると、高齢者自身が詐欺被害を防ぐことが困難です。
・まずは、県民一人一人「高齢者をニセ電話詐欺から守る」という気運を高めることが重要です。
・ニセ電話詐欺の被害に遭わないようにするには、留守番電話や防犯機能付きの電話の設置など、犯人からの電話に出ない、話さないようにすることが肝要です。
・だまされそうになった人は、家族、知人に相談したり、コンビニで声を掛けてもらったことによって被害を未然に防止した事例がたくさんあり、「家族や地域の絆」が重要です。

事業に携わる方の思い

杉本 創
杉本 創認定NPO法人 市民福祉団体全国協議会 九州支部支部長
少子高齢化により地域における高齢者率は、上昇していきます。
また、新型コロナウィルス等の要因で医療機関の対応も充分でない状況となっております。
今後より自宅を中心とした生活や介護が、拡大していく時代です。
市民協九州支部は、佐賀県内の福祉系CSO団体をご支援しております。
その立場でも、高齢者が安心して自宅で生活するためにもこの活動は非常に重要だと感じております。
高齢者が地域でいきいきと安心して暮らすためにも皆様のご支援をよろしくお願いいたします。
勝屋 弘善
勝屋 弘善佐賀県警察本部 生活安全部 首席参事官
県内のある一人暮らしの高齢女性がニセ電話詐欺の被害に遭いました。犯人から巧みに名義貸しを仕組まれ、『逮捕される』『嫁いだ娘さんに迷惑が掛かる』などと脅されたあげく、示談金や弁護士費用名目で財産をだまし取られました。この方が奪われたお金は、自分の死後に障がい者である息子が困らないようにとコツコツ貯めた預金でした。この方は、財産を奪われただけでなく、それまで平穏だった日常を失い、生きる気力まで奪われてしまいました。
詐欺グループは、巧妙な話術と熟れた手口で高齢者を混乱させ、貴重な財産を奪い取ります。このプロジェクトにより「高齢者を詐欺から守ろう!」という気運を醸成し、国民一人一人のお力で、全国の“人がいい”高齢者を詐欺から守りたいと考えています。
大川内 康
大川内 康佐賀県県民環境部 くらしの安全安心課 課長
佐賀県における老年人口の割合は3割を超え、年々高齢化が進んでいます。
一方、全国的に高齢者が被害者となるオレオレ詐欺などの詐欺事件は後を絶たず、ここ佐賀県も例外ではありません。
こうした犯罪被害の防止には、行政や警察の力だけではなく、県民が「自分たちもだまされるかもしれない」と考え、お互いに声を掛け合っていくような裾野の広い活動が必要ではないかと考えています。
今回のプロジェクトは、公募によりニセ電話詐欺撲滅・被害防止のための新たな事業を募り、高齢者を詐欺から守るための様々な事業を展開し、その実施については地元NPO等の力も発揮したいという思いから発足しました。
また、高齢者を対象とした詐欺被害防止は全国的な課題でもあります。
今回のプロジェクトが全国における詐欺被害防止施策のモデルケースとなれるよう全力で取り組んでまいります。
警視庁・SOS47 特殊詐欺対策ページへ