HOME > 個人の皆さま > 事業指定寄付プロジェクト > 前回までのプロジェクト > 【4c】若者&子育てママパパの秘密基地!~基山のワクワク空間づくりプロジェクト~
【4c】若者&子育てママパパの秘密基地!

~基山のワクワク空間づくりプロジェクト~

【4c】若者&子育てママパパの秘密基地!~基山のワクワク空間づくりプロジェクト~

【4c】若者&子育てママパパの秘密基地!~基山のワクワク空間づくりプロジェクト~

【寄付目標金額 1,000,000円】
このプロジェクトは若者&子育てママパパを主なターゲットとした『情報と交流の拠点』をつくるプロジェクトです。住民自らが基山の課題を自分たちのコトとして捉えながら色んな対話ができる場所。基山の課題解決につながるような「前向きアクション」にもチャレンジできる居場所。そんなワクワクな空間づくりを目指します!

このプロジェクトに活用するのは、JR基山駅前から徒歩1分に位置する、老舗の酒造跡です。風情ある建物や、酒造として歴史を刻んで来た物たちを充分に活かしながらリノベーションに取り組みます!ターゲット層である大学生の視点や地域住民の声を反映させ、ここに集うみんなでワクワクしながら快適な空間づくりを進めていきます。この空間の中で、起業にチャレンジする人の支援にも取り組みます。

居心地のいい空間。住民の夢を叶える空間。カタチになる喜びを一緒に感じてください。あなたの応援を心から待っています!

担当者氏名 鷲尾 依子

わたしたちの「まち」にあるお困りごと

はじめまして。代表の鷲尾依子です。
わたしたちは「学びを止めない」を基本理念とし、「感性を育む土壌を耕していくこと」をミッションとして活動しています。
代表者写真_基山FCL.jpg

◇基山町は福岡都市圏のベッドタウンとして発展を遂げてきましたが、現在は人口減少問題に直面しています。
若者の人口推移_基山FCL_500-349.bmp

このまま人口移動が収束しない場合、基山町は若年女性人口変化率が-62.1%(※)と推計され、「消滅可能性都市」の指摘も受けています。
 ※引用元:日本創生会議『全国市区町村別「20~39歳女性」の将来推計人口』

◇人口流出が目立つ中、子育て世代の人たちや基山町の若者が気軽に集って未来を語り合える場が不足していることも地域課題の一つです。
「自分達の住む町」や「地域」についての対話ができる場所、そして語り合う機会そのものが不足しています。

わたしたちの「まち」に必要なコト

【ワクワクするようなコトを、このまちで生み出そう!】
基山町にある国特別指定史跡「基肄城(きいじょう)」は今年で築造1350年を迎え、様々な関連行事で盛り上がっています。
基肄城跡.jpg
 ※写真引用元:基山町ホームページ観光・文化情報

この記念すべき年に、私たちは「まちづくり」に必要なこと=「ワクワクするような事業」にチャレンジします。
JR基山駅前の空洞化を止めるためにも、ひとつずつ空き店舗に素敵なお店が誕生するきっかけづくりをやりたいと思っています。

みなさんと一緒に取り組みたい活動

そこで、わたしたちは「若者&子育てママパパの秘密基地~基山のワクワク空間づくりプロジェクト~」を始めます!
メインチラシ_基山FCL_500-329.bmp
▼▼
基山フューチャーセンターラボ-PRチラシのダウンロードは>> 【基山FCL_PRチラシ】.pdf
.
①老舗酒造跡をリノベーション!
 JR基山駅から徒歩1分、老舗の酒造跡を活かします。風情ある建物や歴史を刻んできた物たちに、また新たなや役割が生まれます!
 学生や地域住民の声を反映させながら、リノベーションの過程もワクワク楽しく進めていきます。

②アンテナショップ始動!
 地域住民の「やってみたい」を応援!
 第1号として、町民念願の「駅前カフェ」と、ミニブーケを中心とした「フラワーショップ」の立ち上げを予定。
 基山駅やこの空間を帰着点として、人が行き交い、語り合える場づくりをしていきます。

③基山の情報が集まる空間づくり
 若者や子育てママパパが集い、色々な情報交換ができる居場所ができます!地域のことや、将来のこと。
 色んな対話の中で「基山」を熱く語り合ったり、ワクワクな取り組みが生まれたり。
 そんな“秘密基地”のような空間を目指します。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------■□
【基山フューチャーセンターラボ-BOOK寄付】
私たちは古本や書き損じハガキを送ると寄付になる仕組みも活用しています!
応援いただける方はチラシをダウンロード、必要事項をご記入いただきバリューブックスへお送りください(古本5冊以上で無料発送いただけます)。また、古本、書き損じハガキ回収ボックスを設置いただける方を募集中!!佐賀未来創造基金までご連絡ください。
BOOK寄付_基山FCL_500-332.bmp
▼▼

基山フューチャーセンターラボ-BOOK寄付チラシのダウンロードは>>【基山FCL-BOOK寄付】.pdf
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------■□
【JapanGiving】
あなたが何かにチャレンジすることで、支援したい団体のために寄付を集めるJapanGivingを始めました!応援してください!!

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------■□

わたしたちが目指しているコト

【町民の前向きな“溢れるイメージ”を表現できる場づくり】
住民が自ら未来への価値を創りだすには、そのイメージを表現できる「空間」が必要です。その「空間」をJR基山駅前につくることで、通勤や通学で駅を利用している住民が気軽に集えるようになります。ここに、子育て中の住民も気持ちよく立ち寄れる「空間」を掛け合わせることで新たな出会いや発想が生まれます。
_
【駅前カフェなどの居場所づくり】
「基山町第5次総合計画策定」のワークショップで、多くの町民から出された要望は「駅前カフェなどの居場所づくり」でした。居場所・・この願いを住民自らの手で叶えたい!自分達のチカラで叶えよう!そんな想いを募らせて、今回のプロジェクトに取り組みます。
駅前カフェ_基山FCL.jpg
_
【ワクワクしながら創りだす空間づくり】
自ら手がけたものには、誰しも愛着が湧きます。自分達でリノベーションした空間の中では、基山町民念願の「駅前カフェ」をはじめとする創業支援に取り組んでいきます。地域住民の「やってみたい!」を応援しながら、若者や子育てママパパが集えば、色々な情報交換ができる居場所になります。基山町住民はもちろん、この駅を起着点として人が行き交い、夢を対話し、未来に向かって新たなアイデアを出し合えるような空間づくりをしていきます!
_
【基山の情報が集まる空間づくり】
今回のプロジェクトが実現すれば、新しい基山町図書館との連携「マイクロ・ライブラリー」なども叶えることができます。基山の情報がギュッ!と集まる場が駅前に誕生します。
ワクワク居場所_基山FCL.jpg

この事業のサポーター(寄付・ボランティア)

<50音順/敬称略>
鵜尾雅隆・SHKコーポレーション・上川紀子・北崎美和・古賀志保・篠原美香・永石千賀子・樋口真澄・平尾紘一・福田一男・松尾滋・水沼健・宮地哲平・山本みずほ・匿名・匿名・匿名・匿名・匿名・匿名

Facebook

寄付総額

771,738円
(2016/3/25 現在)

寄付件数

32件

目標金額

1,000,000円

寄付募集期間

2015/10/15 - 2016/03/01

募集終了まで

寄付の募集は終了しました。

募金箱

1件
171円

古本/寄付

7件
15,567円

この事業への寄付

現金

現金書留の場合は、以下必要事項をご記入の上お送りください。
「ご住所」「お名前」「電話番号」「メールアドレス」応援する「事業のID」[4c] と「寄付金額」
例)4c 5,000円 4c 3,000円
または、当財団事務所へ直接お持ちください。その際には、事前にご連絡(tel.0952-26-2228)ください。

クレジット決済

ウェブ上でのクレジット決済も受け付けております(GOENのシステムを利用)。
下記バナーをクリックして先に進み、必要事項を入力してください。
クレジット決済はこちら
※クレジットカード決済の場合、領収書の発行はクレジット会社より当財団に入金が完了後になりますので、ご了承ください。

寄付金控除について

申請団体情報

基山フューチャーセンターラボ

団体名

基山フューチャーセンターラボ

代表

鷲尾 依子

住所

〒841-0204
佐賀県三養基郡基山町宮浦86

電話番号

090-2714-1826

FAX番号

0942-92-2809

メールアドレス

info@kiyamalab.jp