HOME > 個人の皆さま > 事業指定寄付プロジェクト > 社会教育 > 【1-J】 社会で役立つコミュニケーションスキルアップ研修
佐賀の町をもっと楽しく、豊かに・・・

地域を愛する人づくり

【1-J】 社会で役立つコミュニケーションスキルアップ研修

【1-J】 社会で役立つコミュニケーションスキルアップ研修

これからの地域社会を担っていく上で必要不可欠な人材を育成する事業を行います。
ビジネスや市民活動の現場で本当に必要とされる能力を習得するために、頭で理解している「わかる」人材を育成するのではなく、実際に行動に移せる「できる」人材の育成を目的としています。

担当者氏名 森川 裕基

わたしたちの「まち」にあるお困りごと

社会に出る前の、もしくは出たばかりの若年層を即戦力として貢献できる人材に育て上げることで、地域社会を担っていけます。想像力や実践力に欠けた若者が増加してきた昨今、また少子化によって減少傾向にある社会を支えていくべき若年人材の潜在能力を開花させることで、想像しうる地域社会の諸問題の解決に貢献できます。

わたしたちの「まち」に必要なコト

時代やマーケットの変化に対応したコミュニケーション力、提案力、プレゼン力、アドリブ力を向上させる事で、参加者の可能性を最大限に引き出し、ビジネスで実績の出せる人材を育成する事が目的である。ビジネスの現場に最も必要な能力を教授することで、これからの地域社会を担っていく若年層のビジネスチャンスを積極的に創出していく。社会に出る前の、もしくは出たばかりの若年層がこのプログラムを受講することで、即戦力として企業に貢献できる人材に成長する事が可能。
これまで新卒や中途社員の採用に悩んでいた企業側も、率先して安心して人材の発掘、更には育成に興味を持つようになり、その結果、企業体力も向上し地域全体が潤う事に繋がる。
想像力や実践力に欠けた若年層が増加してきた昨今、また少子化によって減少傾向にある社会を支ええていくべき若年人材の潜在能力を開花させる事で、想像しうる地域社会の諸問題の解決に貢献できる。

みなさんと一緒に取り組みたい活動

11月21日 
【オリエンテーション】
時代の変化と、マーケットの変化、
新時代の常識、教育、生き方とは?
定員30名
 
12月19日
【新時代のコミュニケーション6つの法則】
私たちの心の反応に影響を与えた6つの因子とは?
心の作られ方、作り方
社会で求められるコミュニケーション力とは?
定員30名
 
1月16日
【コミュニケーションは想像力】
想像力トレーニング
仮説力トレーニング
描かせ力トレーニング
アドリブ力トレーニング
定員30名
 
2月20日
【エネルギーと表現力】
説得力、共感力を表そう。
効果的な感情表現
熱意、情熱、本気プレゼンテーション
定員30名
 
3月20日
【セールスプレゼンテーション】
セールス実践トレーニング
〇〇を売ってみよう
定員30名
 
4月17日
【まとめとふり返り】
新時代のコミュニケーションとは?
私のコミュニケーション能力診断
わかるを出来るに
定員30名

わたしたちが目指しているコト

地域のまだ社会に出ていない、または出たばかりの若年層のビジネスミュニケーション力を向上させる事で、地域企業の即戦力として企業側に積極的に採用してもらう事が可能となる。また、既にビジネスを始めている先輩・上司達にも影響が生じ、結果的には地域におけるビジネスマン・企業全体の活性化に繋がり、各人がより高いレベルでの成功を求め出すことで、企業間の繋がりも生まれ、企業全体が協力して地域全体の利益に繋がる経済活動を展開していく事に貢献できる。
近年、企業間での協力(ジョイントビジネス)が盛んになってきているが、まさにこのような時代のニーズに合ったビジネスマン・企業を創出していく事が可能となる。
次世代を担っていく若年層の本質的ビジネス能力の向上こそが現代の地域社会に求められているのではないか。若年層が活躍する場を創出するために、少しでも早い段階で表現する力、描かせる力、理解する力、反応する力、最終的には各人の意欲に繋がる「実績を出せる人材」「総合的人間力を備えた人材」を育成していく。

この事業のサポーター(寄付・ボランティア)

研修内容はテキスト化、音声化されているので期間中もだが、期間終了後も自分自身で永久的に反復利用が可能。この反復こそがプログラム目的である「できる」人材を創出する要素となっている。これは、実施期間中は実績に反映されるが、終了後は実績が出せなくなるという悪循環を阻止し、継続的に実績を生んでいく事が可能となる。事業としての地域貢献し、実績を生むことで地域企業、地域社会での事業へのニーズが定着化する。つまり、将来的に継続して事業を展開していく事が可能となる。一度効果を実感した企業は、更に能力のある人材を必要とするので、そういう企業に対するアフターケアとしての事業も展開していける。人材がいる限りこの事業のニーズは消滅する事が想像しにくい。

さがファンブログ

寄付のお申込み方法はこちらよりご確認ください

寄付総額

10,000円

寄付件数

1件

目標金額

625,000円

寄付募集期間

2013/09/15 - 2013/10/31

募集終了まで

寄付の募集は終了しました。

この事業への寄付

現金

現金書留の場合は、以下必要事項をご記入の上お送りください。
「ご住所」「お名前」「電話番号」「メールアドレス」応援する「事業のID」[1-J] と「寄付金額」
例)1-J 5,000円 1-J 3,000円
または、当財団事務所へ直接お持ちください。その際には、事前にご連絡(tel.0952-26-2228)ください。

クレジット決済

ウェブ上でのクレジット決済も受け付けております(GOENのシステムを利用)。
下記バナーをクリックして先に進み、必要事項を入力してください。
クレジット決済はこちら
※クレジットカード決済の場合、領収書の発行はクレジット会社より当財団に入金が完了後になりますので、ご了承ください。

寄付金控除について

申請団体情報

特定非営利活動法人Link

団体名

特定非営利活動法人Link

代表

中村 一成

住所

〒840-1101
佐賀県三養基郡みやき町大字西島2237

電話番号

080-3965-5815

FAX番号

0942-96-5011

メールアドレス

npo.link.2008@gmail.com