HOME > 情報一覧 > 2018年9月 > 9/27西日本新聞掲載「休眠預金制度活用研究会」

9/27西日本新聞掲載「休眠預金制度活用研究会」

西日本新聞20180927_2048.jpg

2018年9月27日(木)西日本新聞佐賀県版に、「休眠預金制度活用研究会」のイベント紹介記事が掲載されました!

いま、全国のNPOの間で話題になっている「休眠預金」。

年間700億円ともいわれる巨額の資金をめぐり、平成30年1月に「休眠預金等活用法」が施行されました。来年秋には資金分配も始まるとされ、事業規模に関係なく、全国のNPOに大きな影響を与えるといわれています。いま、この休眠預金をめぐって何が起きているのか、これからどんな影響があるのか、まずは、このセミナーで一緒に考えてみませんか?

【日時】

 2018年10月5日(金) 18:30~20:30

【会場】

 TOJIN茶屋 2F多目的スペース (佐賀県佐賀市唐人2-5-12

【概要】

 対 象:CSOをはじめ関心のある方

 参加費:無料

 定 員:20名(先着順/要事前申込)

【講師】

 小河 光治

 (内閣府 休眠預金等活用審議会専門委員/公益財団法人 あすのば 代表理事)

【内容】

 第一部 休眠預金の制度概要開設

 第二部 制度内容に関する意見交換

     ・指定活用団体

     ・資金分配団体

     ・民間公益活動団体

     ・評価について etc…

  ※セミナー後に交流会あり

【進行】

 山田 健一郎 (公益財団法人 佐賀未来創造基金 理事長)

【後援】

 ソーシャルビジネス創生ネットワークさが

(株式会社日本政策金融公庫佐賀支店、一般社団法人市民生活パートナーズ等)

【申込方法】

 下記の申込フォームからお申し込みいただくか、「氏名、ご所属(あれば)、連絡先」を

 お電話にてお知らせください。

【主催・問い合わせ先】

 公益財団法人 佐賀未来創造基金〈休眠預金研究会〉

 (担当:山田、江口、吉村)

  〒840-0813 佐賀県佐賀市唐人2-5-12 TOJIN茶屋3F

  TEL:0952-26-2228(受付:平日 9:00~18:00)

  FAX:0952-37-7193

  mail:info@saga-mirai.jp

—————————————————————————————————————————————————————————————————

『社会的インパクト評価ロジックモデル研修』

 第1回 2018年11月 9日:活用に向けたセミナー

 第2回 2019年 2月予定:活用ワークショップ

 第3回 2018年 4月予定:取り組みの事例発表

—————————————————————————————————————————————————————————————————

 

  • さがつくサポーター/寄付者 2,101人
  • 現在までの寄付総額 115,782,312円 / 7,978件 現在までのプロボノ・
    ボランティア参加状況
    10,232時間 / 506名 (2018年02月14日現在)

皆さまの応援をよろしくお願いいたします!

ボランティアさんに聞いてみよう
ボランティアをしたい方はこちら、官民共同 Plus Social Action Center
寄付月間2017
いぞう寄付窓口
佐賀県遺贈活用相談センター
CSOポータル
寄付のススメ