HOME > 情報一覧 > 2018年7月 > 伊勢新聞に山田理事長が掲載される!!

伊勢新聞に山田理事長が掲載される!!

 当財団理事長の山田健一郎が、三重県の認定NPO法人みえきた市民活動センター主催の休眠預金活用制度学習会で基調講演を行い、当財団取り組みなどについて話しました。その模様が伊勢新聞に掲載されました。

桑名 休眠預金活用制度学ぶ NPO団体の30人が参加 三重

20180721_04.jpg
【対談する(左から)山田氏と関口氏=桑名市中央町のくわなメディアライヴで】

【桑名】「休眠預金活用制度」について学ぶ学習会が19日、三重県桑名市中央町のくわなメディアライヴであった。 認定NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会代表理事の関口宏聡氏と、公益財団法人佐賀未来創造基金理事長の山田健一郎氏を講師に迎えた。基調講演では、関口氏から制度の現況を、山田氏からは佐賀県初の市民コミュニティ財団の取り組みなどについて話しを聞いた。両氏による対談もあった。 学習会は、「市民活動応援☆きらきら基金」と「認定NPO法人みえきた市民活動センター」が開き、NPO団体の関係者など約30人が参加した。
  • さがつくサポーター/寄付者 2,101人
  • 現在までの寄付総額 115,782,312円 / 7,978件 現在までのプロボノ・
    ボランティア参加状況
    10,232時間 / 506名 (2018年02月14日現在)

皆さまの応援をよろしくお願いいたします!

ボランティアさんに聞いてみよう
ボランティアをしたい方はこちら、官民共同 Plus Social Action Center
寄付月間2017
いぞう寄付窓口
佐賀県遺贈活用相談センター
CSOポータル
寄付のススメ