HOME > 情報一覧 > 2018年6月 > 全国コミュニティ財団協会・設立4周年年次大会で事例発表!

全国コミュニティ財団協会・設立4周年年次大会で事例発表!

yamaken-3.jpg2018/2/7(水) に開催された「全国コミュニティ財団協会・設立4周年年次大会」で、当財団の理事長山田健一郎が事例報告を行いました。報告は「空き屋(遊休資産)問題と地域コミュニティの資源開発」と題して空き屋問題を深く掘り下げていったところ、高齢者問題に突き当たると共に遺贈とも深く関連することが見えてきた。そこで地域全体で空きや問題を取り組むことで、持続可能な地域づくりを行った事例を報告しています。詳細は下記をご覧下さい。

 ※コミュニティ財団とは ⇒ https://www.cf-japan.org/blank-5
 ※全国コミュニティ財団協会とは ⇒ https://www.cf-japan.org/blank-6
 ※遺贈とは(Wikipediaより) ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%BA%E8%B4%88
コミュ財_山田掲載-01.jpg
コミュ財_山田掲載-02.jpg
コミュ財_山田掲載-03.jpg
コミュ財_山田掲載-04.jpg

  • さがつくサポーター/寄付者 2,101人
  • 現在までの寄付総額 115,782,312円 / 7,978件 現在までのプロボノ・
    ボランティア参加状況
    10,232時間 / 506名 (2018年02月14日現在)

皆さまの応援をよろしくお願いいたします!

ボランティアさんに聞いてみよう
ボランティアをしたい方はこちら、官民共同 Plus Social Action Center
寄付月間2017
いぞう寄付窓口
佐賀県遺贈活用相談センター
CSOポータル
寄付のススメ