HOME > 情報一覧 > 2018年6月 > 7/18名古屋 山田理事長が佐賀県のふるさと納税NPO支援について講演!

7/18名古屋 山田理事長が佐賀県のふるさと納税NPO支援について講演!

yamaken-3.jpg税を活用したNPO支援の仕組みが、全国各地で始まっています。佐賀県では、公益財団法人佐賀未来創造基金を指定してふるさと納税(佐賀県庁への寄付)をおこなうと、寄付が助成等を通じてCSO支援に活用される制度が実施されています。
税財源×NPOがひらく市民活動のフロンティア.bmp



今回のセミナーでは、佐賀未来創造基金のふるさと納税を活用したCSO支援の取り組みと名古屋市の企業寄附促進特例税制についてゲストをお招きしてお話を伺い、税によるNPO支援の可能性や課題について考えます。

活動テーマ
開催場所
必要経費
  • 参加費:時給2,000円
開催日程
  • 2018/07/18
募集対象

税を活用したNPO支援について考えたい方

注目ポイント
対象身分/年齢
  • 社会人
  • 大学生・専門学生
  • 高校生
祝い金 未確定 祝い金とは?

募集詳細

■税財源×NPOがひらく市民活動のフロンティア

税を活用したNPO支援の仕組みが、全国各地で始まっています。佐賀県では、公益財団法人佐賀未来創造基金を指定してふるさと納税(佐賀県庁への寄付)をおこなうと、寄付が助成等を通じてCSO支援に活用される制度が実施されています。また、東海地方では名古屋市が、認定NPO法人等への寄附金額に応じて法人市民税を減免する「企業寄附促進特例税制」を導入しました。

今回のセミナーでは、この二つの事例についてゲストをお招きしてお話を伺い、税によるNPO支援の可能性や課題について考えます。

※CSOとは Civil Society Organizations(市民社会組織)の略で、NPO法人、市民活動・ボランティア団体、自治会、婦人会、老人会、PTAといった組織・団体のこと。

【日 時】2018年7月18日(水)18時30分~20時30分

【会 場】あいちNPO交流プラザ会議コーナー2、3(名古屋市東区上竪杉町1ウィルあいち2階)

地下鉄名城線「市役所」駅下車(2番出口)徒歩10分、名鉄瀬戸線「東大手」駅下車徒歩8分、市バス「市政資料館南」下車徒歩5分

【参加費】2,000円 【定 員】40名

【参加対象】税を活用したNPO支援について考えたい方

【ゲスト】山田健一郎さん(公益財団法人佐賀未来創造基金・理事長)

・佐賀未来創造基金のふるさと納税を活用したCSO支援の取り組みについての紹介

【ゲスト】渡邉弥里さん(名古屋市市民経済局地域振興部市民活動推進センター・主査)

・名古屋市の企業寄附促進特例税制について制度説明

【コメンテーター】関口宏聡さん(特定非営利活動法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会・代表理事)

【コーディネーター】中尾さゆり(東大手の会・会員/税理士)

【主 催】東大手の会

  • さがつくサポーター/寄付者 2,101人
  • 現在までの寄付総額 115,782,312円 / 7,978件 現在までのプロボノ・
    ボランティア参加状況
    10,232時間 / 506名 (2018年02月14日現在)

皆さまの応援をよろしくお願いいたします!

ボランティアさんに聞いてみよう
ボランティアをしたい方はこちら、官民共同 Plus Social Action Center
寄付月間2017
いぞう寄付窓口
佐賀県遺贈活用相談センター
CSOポータル
寄付のススメ