HOME > 情報一覧 > 2018年4月 > 「"子どもの居場所"へ自然米お届けプロジェクト」お申込みありがとうございました!

「"子どもの居場所"へ自然米お届けプロジェクト」お申込みありがとうございました!

全6回終了.jpg

「"子どもの居場所"へ自然米お届けプロジェクト」お申込みありがとうございました!

「どんな境遇の子どもたちも見捨てない!」というスローガンのもとに立ち上げた『さが・こども未来応援プロジェクト』
 ガバメント・クラウドファンディングによる寄付集めでは、皆さまのご支援のおかげで昨年末に目標金額を達成したあとも、引き続き多くのご支援とあたたかいお言葉を賜り、3月31日(土)に終了いたしました。ありがとうございました!

 なお、当プロジェクトには、さがつく他佐賀県内の4つのNPO・NGOだけではなく、地元の農家の方もご協力くださっています。

 そのお一人、県内の米農家の北村広紀さんがご提供くださった「自然農法によるコシヒカリ500kg」を、地域や子どもを応援する「子どもの居場所」づくりに携わっている団体・個人の方へお届けするため、このたび申込フォームを開設し、6回にわたってお申込みを受け付け、多数のお申し込みをいただきました。

 4月3日(水)をもちまして「自然米お届けプロジェクト」のお申し込みは締め切らせていただきましたが、『さが・こども未来応援プロジェクト』の取り組みはこれからも続きます。

 また、こちらのページにて、今回お申し込みいただきました皆さまの「活動報告」を随時掲載させていただきます。

 引き続き、居場所づくりのご相談等も受け付けてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

■問い合わせ先
 公益財団法人佐賀未来創造基金
 (担当:岡野)
  TEL 0952-26-2228
  E-mail info@saga-mirai.jp

活動報告

ひとり親・子育て応援「ハッピーフォーラム」~おむすびづくり体験・おむすび会~

おむすびお礼-1.jpg

■開催日:平成30年2月3日(土)

■会場:
 佐賀県国際交流プラザ(おむすびづくり体験)
 佐賀商工ビル共有大会議室B(おむすび会)

■参加人数
【おむすびづくり体験】
 子ども 16名/ボランティア 7名
【おむすび会】
 大人 20名/子ども 18名/スタッフ 6名/ボランティア 18名

■お米使用量:15kg

 おむすびづくり体験では、16名の子どもたち(3歳~12歳)とボランティアで、食の大切さを話しながらたのしくおむすびづくりをしました。子どもたちは目をキラキラさせて一所懸命におむすびを作っていました。
 おむすび会では、みんなでおむすびをいただいた他、今回お米を提供してくださった北村さんへ「サンキューカード」を作成、展示をしました。
 参加者からは「楽しくたくさんのおむすびを作れて、友達もできたようで親としてもよかった」、「みんなで食べておいしかった」といった声が上がり、とても好評でした。

300203_happyforum_omusubi.jpg
  • さがつくサポーター/寄付者 2,101人
  • 現在までの寄付総額 115,782,312円 / 7,978件 現在までのプロボノ・
    ボランティア参加状況
    10,232時間 / 506名 (2018年02月14日現在)

皆さまの応援をよろしくお願いいたします!

ボランティアさんに聞いてみよう
ボランティアをしたい方はこちら、官民共同 Plus Social Action Center
寄付月間2017
いぞう寄付窓口
佐賀県遺贈活用相談センター
CSOポータル
寄付のススメ