HOME > 情報一覧 > 2017年6月 > 【冠基金】第11回エコさが基金助成贈呈式(佐賀新聞社):2017/06/15

【冠基金】第11回エコさが基金助成贈呈式(佐賀新聞社):2017/06/15

佐賀新聞社公共広告キャンペーン「ストップ・ザ・温暖化」

エコライフエコライブ第11回エコさが基金助成贈呈式

日時:平成29年6月15日(木)11:00~  会場:株式会社 佐賀新聞社
※ 写真は佐賀新聞社様よりご提供していただきました。
11thエコさが助成金贈呈式 057-1.jpg11thエコさが助成金贈呈式 025.jpg


主催者あいさつ:富吉 健一郎 様(株式会社 佐賀新聞社 専務取締役・編集主幹)11thエコさが助成金贈呈式 021-1.jpg


山田 健一郎 あいさつ(公益財団法人 佐賀未来創造基金 理事長)11thエコさが助成金贈呈式 023-1.jpg


CSO名:さがクリークネット(佐賀市)
助成事業名:街なかクリーク体験事業
助成金額:200,000円

11thエコさが助成金贈呈式 037.jpgさがクリーンネット.jpg


CSO名:えこいく(佐賀環境フォーラム環境教育班)(佐賀市)
助成事業名:海や森の豊かさとつながりを知る実験や体験を通して学ぶ環境教育事業
助成金額:150,000円

11thエコさが助成金贈呈式 040-1.jpgえこいく.jpg


CSO名:岳の棚田環境保全協議会(西松浦郡有田町)
助成事業名:アート展を通じたこどもの自然学習推進事業
助成金額:150,000円

11thエコさが助成金贈呈式 035.jpg岳の棚田.jpg






佐賀新聞に掲載!
佐賀新聞0616-1.jpg

エコさが基金が3団体に助成金贈る




2017年06月16日 07時00分

エコさが基金の助成金を受け取った3団体の代表ら=佐賀市の佐賀新聞社
エコさが基金の助成金を受け取った3団体の代表ら=佐賀市の佐賀新聞社

 佐賀新聞社が県内の協賛33社と取り組む公共広告キャンペーン「エコライフ・エコライブさが」で実施している「エコさが基金」の助成金贈呈式が15日、佐賀市の同社であった。和舟の運行やマルシェなどを開きクリークの魅力の再発見に取り組む「さがクリークネット」(佐賀市)など3団体に15~20万円が贈られた。

他の助成団体は「岳の棚田環境保全協議会」(有田町)、「えこいく(佐賀環境フォーラム環境教育班)」(佐賀市)。

式では、佐賀新聞社の富吉賢太郎専務取締役が「これまで助成してきた団体がアメーバのようにつながり広がれば、大きな力になる」とあいさつ。各団体の代表が謝辞を述べ、さがクリークネットの川崎康広会長は「足元に眠る魅力を発掘したい。環境と共生してきた文化を未来につなげていきたい」と語った。

エコさが基金は、環境保全に取り組む団体の活動を支えようと2007年に設立。14年以降は佐賀未来創造基金と連携し、16年度は33企業が協賛した。これまで48団体を助成し、今回で終了する。


佐賀県を元気にする!ふるさと納税をはじめました!

ふるさと納税750-253ver.01.jpg

ふるさとチョイス.png
ふるさと納税-ゆうちょ.png
※下記の<ふるさと納税専用のゆうちょ銀行払込取扱票お申し込みフォーム>からお取り寄せできます。
<ふるさと納税専用のゆうちょ銀行払込取扱票お申し込みフォーム>
ふるさと納税(佐賀県庁へのご寄付:佐賀未来創造基金への応援)のお申し込みをいただいた皆様には、佐賀未来創造基金からお返しの品を送らせていただきます。お返しの品は、下記の「佐賀未来創造基金からのお返しの品」から、ご希望の品をお選びいただけます。
※ご希望の品名をメモしておいてくださると、払込取扱票がお手元に届いたらすぐにご記入いだだけるので便利です。ふるさと納税専用のゆうちょ銀行払込取扱票の「○備考」にご希望の品(asagaoの30,000円、50,000円の商品はご希望のカラー)をご記入、お振込みください。寄付される金額以下のお返しの品をお選びいただいても結構です。

皆さまの応援をよろしくお願いいたします!

ボランティアさんに聞いてみよう
ボランティアをしたい方はこちら、官民共同 Plus Social Action Center
かざして募金
サイモンズポイントモール
gooddo 無料で簡単に活動を支援して頂けます!
SAGA・カンパイ・チャリティー・プロジェクト
CSOポータル
寄付のススメ

寄付のススメ

1qトリソミー基金
佐賀県遺贈活用相談センター
佐賀県市民活動団体認証推進協会
認定ファンドレイザー資格制度
寄付白書2013の購入はこちら

アフィリエイトの収益は全て市民活動団体への活動助成へ充てられます。