HOME > 情報一覧 > 2017年5月 > さがBOUSAI大学 ~大災害を生き残りために~

さがBOUSAI大学 ~大災害を生き残りために~

佐賀市立金立教育キャンプ場にて、5月27日(土)~28日(日)の1泊2日で防災訓練を行いました。

(後援:佐賀県

◎ 趣旨とセミナーの概要
 今般、日本列島を襲う大災害(大地震、火山の噴火、スーパー台風、大雨・洪水、原発の事故等)は、私たちの普段の暮らしを脅かすだけに留まらず、地域社会や国家社会への脅威となりつつあります。私たちは、日頃からこの様な大災害のメカニズムを知り緊急時にどの様に対応して行くべきか何が必要なのかを知り、考えて、常日頃から行動することが求められる時代であると云えるでしょう。2016年4月に九州のほぼ中央部の熊本県で起こった熊本大地震の甚大な被災は、まだまだ復興・復旧・再生への道半ばです。この様な大災害が、ある日突然に、どこで起こるか分からないのです。この機に常に何が起こっても対応し得る様に知識や備えについて、学び考える実践的なセミナーとして開講致します。

◎ 目的
 1.「災害教育」「防災教育」について体系的に学び考える。
 2.大災害が発生した場合等の緊急時に一人ひとりがどの様に考え行動すべきか又、行動出来るかについて、その仕組みづくり体制づくりについて考える。
 3.もしも当地で大災害が発生した時、或いは日本列島のどこかで大災害が起こった時にどの様に考え対応すべきかについて考え、方法を模索してみる。

◎ 講師

山口久臣.jpgのサムネイル画像山口 久臣 氏
 一般社団法人アイ・オー・イー 代表理事
 自然学校プロデューサー&指導者



薄井良文.jpg薄井 良文 氏
 元阿蘇消防山岳救助隊長
 Waku Waku OFFICE あそBe隊 隊長



黄春源.jpg黄 春源 氏
 特定非営利活動法人 アジアパシフィックアライアンス・ジャパン (A-PADジャパン)
 特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)
 A-PADジャパン/PWJの捜索救助チーム


新城卓.jpg新城 卓 氏
 特定非営利活動法人 アジアパシフィックアライアンス・ジャパン (A-PADジャパン)
 特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)
 A-PADジャパン/PWJの捜索救助チーム



セミナー当日は、早朝からNHK佐賀さんの取材が入っていました。即日、正午と夕方のニュースで放送していただきました。 IMG_1065_stitch.jpg
【熊本大地震と今後、日本列島で今後、起こり得る大災害について】
山口ボスより、災害大国日本の現状について講話。遠方(愛媛県松山市)よりNPO法人 School Green Japan理事長の三上伸人さんも参加して下さいました。 01-01.jpg 常にオーバートリアージで対処しないといけない! 01-02.jpg
【災害リスク・マネジメント(安全対策)緊急時!!】
災害発生! 屋内にケガ人がい場合を想定しシミュレーションです。終了後、薄井隊長よりレクチャーがありました。 02-01.jpg 02-02.jpg 食用油に火が付いた時の消火法を練習。 02-03.jpg
【緊急時、大災害時を想定した野外炊飯(食事(夕食)づくり)】
避難先で野外宿泊するケースもあります。そんな場合に便利なのがキャンプ機材です。機材の説明と、野外炊飯を訓練しました。 03-01.jpg
【初日の反省会】
夕食の後、初日の反省かを行いました。元阿蘇消防山岳救助隊長の薄井隊長のロープワークのお話しが白熱し、気付は深夜0時になろうとしていました。明日は朝が早いので、慌てて昼間に設置したテントで就寝しました。 IMG_1.jpgIMG_2.jpg
【2日目の朝食づくり※非常食による朝食。簡単食事づくり】
実は前日の飯ごうの炊飯に失敗したので、リベンジです。結果、大成功! 05-001.jpg 昼食用のピザ生地をペットボトルで作りました。 05-002.jpg 前夜の復習です。ロープワークで、朝露に湿ったテントを干す物干しを作ります。 06-01.jpg
A-PAD JapanPWJの活動について】
A-PAD JapanPWJの捜索救助チームのお二人が講師と、A-PAD Japan佐賀県本部の責任者の根木(ねき)さんがいらっしゃいました。アジアパシフィックアライアンス ジャパン (A-PAD Japan)ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は姉妹団体で、広く国内外における大規模災害時等の緊急人道支援活動、復興支援活動に捜索救助チームを派遣しています。 07-01.jpg A-PAD Japanは、佐賀県のNPO誘致事業に応じられて佐賀県に本部を置かれています。佐賀空港を日本の捜索救助チームのハブにする計画が進行中です。 A-PAD-3.jpgA-PAD-1.jpgA-PAD-2.jpg
【要救護者の搬送訓練】
要救護者が救急車が入れない場所に倒れていると想定して、ロープを使い救急車まで搬送する訓練を体験しました。 07-02.jpg07-03.jpg07-04.jpg07-05.jpg
【簡単食事づくり②と非常食による昼食会】
朝、仕込んでペットボトルで寝かせた生地でピザづくり(^^) 08-01.jpg 牛乳パックで作るホットドッグ「カートンドッグ」作ります。パンに具材挟み、アルミホイルに包み牛乳パック入れ、そのまま火に掛けて牛乳パックが燃え尽きれば出来上がり。 08-02.jpg A-PAD Japanの黄さんと、新城さんも一緒に昼食です。 1681.jpg1684.jpg
【自らの安全を確保し、身近な所から救助・救援する!!】
薄井隊長より色々なケガや病気に対して対処方法のレクチャーをうけました。 IMG_1686.jpg
【自助、共助、公助について、非常用備品類は!?】
いざという時の備えについて山口ボスよりレクチャー。 1690.jpgIMG_1689.jpg
ある日突然に、どこで起こるか分からない大災害に対して生き残る術を学ばせていただきました。このような訓練は、定期的に学び備えることが大事だと感じる二日間でした。 end.jpg

佐賀県を元気にする!ふるさと納税をはじめました!

ふるさと納税750-253ver.01.jpg

ふるさとチョイス.png
ふるさと納税-ゆうちょ.png
※下記の<ふるさと納税専用のゆうちょ銀行払込取扱票お申し込みフォーム>からお取り寄せできます。
<ふるさと納税専用のゆうちょ銀行払込取扱票お申し込みフォーム>
ふるさと納税(佐賀県庁へのご寄付:佐賀未来創造基金への応援)のお申し込みをいただいた皆様には、佐賀未来創造基金からお返しの品を送らせていただきます。お返しの品は、下記の「佐賀未来創造基金からのお返しの品」から、ご希望の品をお選びいただけます。
※ご希望の品名をメモしておいてくださると、払込取扱票がお手元に届いたらすぐにご記入いだだけるので便利です。ふるさと納税専用のゆうちょ銀行払込取扱票の「○備考」にご希望の品(asagaoの30,000円、50,000円の商品はご希望のカラー)をご記入、お振込みください。寄付される金額以下のお返しの品をお選びいただいても結構です。

  • さがつくサポーター/寄付者 2,101人
  • 現在までの寄付総額 115,782,312円 / 7,978件 現在までのプロボノ・
    ボランティア参加状況
    10,232時間 / 506名 (2018年02月14日現在)

皆さまの応援をよろしくお願いいたします!

ボランティアさんに聞いてみよう
ボランティアをしたい方はこちら、官民共同 Plus Social Action Center
寄付月間2017
いぞう寄付窓口
佐賀県遺贈活用相談センター
CSOポータル
寄付のススメ