HOME > 情報一覧 > 2017年4月 > Airbnb 世界にひとつの家 TOJINシェアハウス!

Airbnb 世界にひとつの家 TOJINシェアハウス!

荒畑聡.jpg4月24日(月)に、Airbnb ホームシェアリング事業統括本部 西日本事業部 部長の荒畑 聡さんにお会いしました。地球市民の会事務局長の岩永 清邦さんの紹介です。

岩永さんは4月9日に「佐賀インターナショナルゲストハウスHAGAKURE」オープンされ、Airbnbへ登録されことで荒畑さんと出会われ、佐賀へお招きになったようです。そうして、TOJINシェアハウスも紹介して下さった様です。
その日は建築士の川崎さんが活動されている「さがクリークネット」の話も聞かれて、世界最大の水路網に非常に興味を持たれていました。

Airbnbとは(ウィキペディアより)
Airbnb(エアビーアンドビー)は、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである。世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。2008年8月に設立された、 サンフランシスコに本社を置く、非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されている。


最初は、前日に天井をぶち抜いた「弐号館」をご案内しました。
Airbnb (1)1.jpg


空き家の利活用を、地域の住民が協力して取り組む活動に興味を持たれていました。
Airbnb (2).jpg
Airbnb (3).jpg


次に、中溝豆腐店の2階と3階をお借りしている「四号館」をご案内しました。ここは、佐賀大学の学生グループ「En-trans」に運営を任せています。志を持った100人近くの多様なメンバーが集う学生クリエイター集団の活動に、荒畑さんも「学生に戻りたい!」としきりにおっしゃっていました。
Airbnb (4).jpg
Airbnb (5).jpg
Airbnb (7).jpg


佐賀県を元気にする!ふるさと納税をはじめました!

ふるさと納税750-253ver.01.jpg

ふるさとチョイス.png
ふるさと納税-ゆうちょ.png
※下記の<ふるさと納税専用のゆうちょ銀行払込取扱票お申し込みフォーム>からお取り寄せできます。
<ふるさと納税専用のゆうちょ銀行払込取扱票お申し込みフォーム>
ふるさと納税(佐賀県庁へのご寄付:佐賀未来創造基金への応援)のお申し込みをいただいた皆様には、佐賀未来創造基金からお返しの品を送らせていただきます。お返しの品は、下記の「佐賀未来創造基金からのお返しの品」から、ご希望の品をお選びいただけます。
※ご希望の品名をメモしておいてくださると、払込取扱票がお手元に届いたらすぐにご記入いだだけるので便利です。ふるさと納税専用のゆうちょ銀行払込取扱票の「○備考」にご希望の品(asagaoの30,000円、50,000円の商品はご希望のカラー)をご記入、お振込みください。寄付される金額以下のお返しの品をお選びいただいても結構です。

  • さがつくサポーター/寄付者 2,101人
  • 現在までの寄付総額 115,782,312円 / 7,978件 現在までのプロボノ・
    ボランティア参加状況
    10,232時間 / 506名 (2018年02月14日現在)

皆さまの応援をよろしくお願いいたします!

ボランティアさんに聞いてみよう
ボランティアをしたい方はこちら、官民共同 Plus Social Action Center
寄付月間2017
いぞう寄付窓口
佐賀県遺贈活用相談センター
CSOポータル
寄付のススメ