HOME > 情報一覧 > 2016年2月 > 佐賀県NPO誘致 佐賀未来創造基金と進出協定を締結しました

佐賀県NPO誘致 佐賀未来創造基金と進出協定を締結しました

160202_NPO誘致.png

平成28年2月2日に、佐賀県NPO誘致第2弾、第3弾として、
認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン
NPO法人アジアパシフィックアライアンス・ジャパン
の誘致による進出協定締結式がとり行われ、理事長 山田が歓迎の挨拶をさせていただきました。

今回、佐賀県に進出するにあたっての決め手としては、
①県庁を上げてのCSO施策
②地勢的にみて佐賀しかない
と仰ってくださった代表理事の大西健丞 氏。

中東や東南アジア等を中心に緊急災害支援を実施している団体ですが、佐賀ではそれだけではなく、伝統芸能の再興支援やNPOの活動基盤強化等の事業も展開していくこともお話いただきました。

佐賀県は日本一地震と水害のない県です。
九州国際佐賀空港もあり、今回の2法人の誘致により、アジアの緊急災害支援の拠点として全国的にも先進事例が作られていくのではないか、と思います。

今回日本でもトップクラスの2団体が佐賀県に来てくださり、大変刺激になり、学ばせていただくと同時に、NPO業界の醸成に向けて一緒に佐賀を盛り上げて行ければと思います。

《佐賀新聞に掲載されました》
2016.2.3 佐賀新聞 ▶記事はこちら

◯認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパン とは?
人びとが紛争や貧困などの脅威にさらされることなく、希望に満ち、尊厳を持って生きる世界をめざし、緊急災害等に対する人道的支援を実施しています。
▶ホームページはこちら:http://peace-winds.org

◯NPO法人アジア パシフィック アライアンス・ジャパン とは?
アジア パシフィック アライアンス(A-PAD)は、アジア太平洋地域でNGO・企業・政府が災害支援のため国境を超えて相互に協力する仕組みです。
NPO法人アジア パシフィック アライアンス・ジャパンは、A-PADに参画する国内プラットフォームとして設立されました
災害時におけるパートナーと協力した緊急支援事業の実施や、アジア太平洋地域での防災、災害時支援における国境を超えた連携体制の構築を行っております。
▶A-PADについてはこちら:http://apadm.org/japanese/

  • さがつくサポーター/寄付者 2,101人
  • 現在までの寄付総額 115,782,312円 / 7,978件 現在までのプロボノ・
    ボランティア参加状況
    10,232時間 / 506名 (2018年02月14日現在)

皆さまの応援をよろしくお願いいたします!

ボランティアさんに聞いてみよう
ボランティアをしたい方はこちら、官民共同 Plus Social Action Center
寄付月間2017
いぞう寄付窓口
佐賀県遺贈活用相談センター
CSOポータル
寄付のススメ