HOME > 情報一覧 > 2014年11月 > 【さがスタ3特別編!】協働力パワーアップセミナー~協働環境調査報告会&講演会~

【さがスタ3特別編!】協働力パワーアップセミナー~協働環境調査報告会&講演会~

700-75_川北さん講演会HP用イメージ.png

■クリスマス特別企画!「協働環境調査報告」&「協働力パワーアップセミナー」
行政とNPOとの今後の協働を進めるための課題とは!?

IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表の川北秀人氏をお迎えして、
36の市民活動支援団体による、全国255の都道府県市町村への調査で見えてきた、
自治体との"協働のしやすさ"について、『協働環境調査』報告をはじめ、
参加者の皆さんとワークショップ等を通して学びます。

【日時】12月25日(木)13:00~18:30 ※その後、懇親会
【場所】佐賀市市民活動プラザ(佐賀商工ビル)
【定員】先着50名 ※お申込みは先着順で、募集定員に達した時点で締め切らせていただきます。
【講師】川北秀人氏(◆IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表)
【内容】13:00 - 15:00第1部協働環境調査報告会
(自治体職員・NGO/NPO・協働に関心を持っている方向け)
■調査報告
・「全国の第5回協働環境調査結果の傾向と活用事例」
・「佐賀県内自治体の調査結果とその課題」
■解説「改善・進化するために行うべき必須の取り組み」

第2部協働力パワーアップセミナー
(自治体担当者向けレクチャー)
■ワーク
・「自地域の協働を推進するための重点課題は何か」
・「重点課題にどう取り組むか」
■講義「ベンチマークすべき他自治体の取り組み」
■グループ共有・全体発表

※協働環境調査の詳細はコチラ
「第4回協働環境調査」(09年)から5年。指定管理者制度施行から11年。
◆各自治体の協働を推進するしくみは、どれだけ進化したか?
◆協働を推進する制度は、本当に活用されているのか?
◆しくみづくりが進んでいる自治体は、どこが違うのか?
◆多様なステークホルダーとの「総働」をどう進めるか?

協働のしくみを可視化した世界初の調査 第5弾!
都道府県・県庁所在地市・政令市+中核市・小都市 255自治体分
の協働のしくみを可視化しました!

【お問合せ先】佐賀未来創造基金 事務局 日隈
〒840-0813 佐賀県佐賀市唐人2-5-12 TOJIN茶屋3階
TEL:0952-26-2228
FAX:0952-37-7193
Email:info@saga-mirai.jp
《お申込みフォームはこちら》
http://goo.gl/forms/UC35XlU9PJ

お問い合わせ・申込み



公益財団法人佐賀未来創造基金 事務局:日隈 佐賀県佐賀市唐人2-5-12 TOJIN茶屋3階
TEL:0952-26-2228
FAX:0952-37-7193
Email:info@saga-mirai.jp

◎「さがつくスタディー3」は、IIHOE・NPO法人日本ファンドレイジング協会・株式会社ファンドレックス・NPO法人アカツキ・佐賀県庁アフターファイブ講演会・佐賀市市民活動プラザ・NPO法人さが市民活動サポートセンターはじめ、ご登壇いただく著名人・実践者の皆様のご協力によりコラボ企画として実施しています!さがつく一同、心より御礼申し上げます<(_ _)>

  • さがつくサポーター/寄付者 2,065人
  • 現在までの寄付総額 92,223,943円 / 7,238件 現在までのプロボノ・
    ボランティア参加状況
    10,154時間 / 489名 (2017年12月14日現在)

皆さまの応援をよろしくお願いいたします!

ボランティアさんに聞いてみよう
ボランティアをしたい方はこちら、官民共同 Plus Social Action Center
寄付月間2017
いぞう寄付窓口
佐賀県遺贈活用相談センター
CSOポータル
寄付のススメ

寄付のススメ

1qトリソミー基金
かざして募金
サイモンズポイントモール
gooddo 無料で簡単に活動を支援して頂けます!
SAGA・カンパイ・チャリティー・プロジェクト
佐賀県市民活動団体認証推進協会
認定ファンドレイザー資格制度
寄付白書2013の購入はこちら

アフィリエイトの収益は全て市民活動団体への活動助成へ充てられます。